« 続・「週刊少年ジャンプ」とアメリカン・コミック | トップページ | 映画『はちみつ色のユン』を観てきました »

2013年1月22日 (火)

第40回アングレーム国際漫画祭あれこれ

 今年もまた、仏アングレームで漫画の祭典が開かれます。さすがに現場には行けないものの、ネットで見られるあれこれが楽しいです。そこで、今回も気になった見どころをご報告。

●ポスターアングレーム国際漫画祭公式サイトより)
angouleme_2013_affiche.jpg
 今年のポスターは、昨年のグランプリであり、かつ、今年の審査委員長である、Jean-Claude Denis(ジャン=クロード・ドゥニ)が描いています。オリジナルのキャラクターをあしらったイラストかと思いきや、右上の巨大な月のクレーターには、有名な漫画キャラクターが描かれていたのでした。仏語BD情報ブログ「le blog qui hydrate les yeux(眼に水分を与えるブログ)」1月18日付け記事で判明しました。リンク先の月の画像をクリックすると、答え付きのが表示されます。

●今年のプログラム
▼LA PROGRAMMATION DÉVOILÉE
angouleme_2013_programme.jpg
 6分23秒の動画で分かるプログラム。ナレーションが何て言ってるのか聞き取れなくても、展覧会、イベント、講演会、実技等が一望できます。

●グランプリへの投票
▼GRAND PRIX : ÉLECTION EN VUE !
angouleme_2013_votez.jpg
 今年のグランプリは、公開投票で決めるみたいです。リストにあるのは、アングレーム(作画家、ライター、カラリスト)で認定された作家達だそうです。日本のマンガ家も3名入ってます。投票は決まった時間帯の決まった場所で行う模様です。
 候補は全部で16人。お名前を挙げますと、Pierre Christin(ピエール・クリスタン)、 Cosey(コゼイ)、Nicolas de Crécy(ニコラ・ド・クレシー)、Hermann(エルマン)、Manu Larcenet(マニュ・ラルスネ)、Lorenzo Mattotti(ロレンツォ・マトッティ)、Alan Moore(アラン・ムーア)、Katsuhiro Otomo(大友克洋)、Marjane Satrapi(マルジャン・サトラピ)、Joann Sfar(ジョアン・スファール)、Posy Simmonds(ポージー・シモンズ)、Jirô Taniguchi(谷口ジロー)、Akira Toriyama(鳥山明)、Jean Van Hamme(ジャン・ヴァン・ナム)、Chris Ware(クリス・ウェア)、Willem(ウィレム)。
 ネットでは、bdgestのフォーラムで既に自主的な投票が行われていて(参照:le blog qui hydrate les yeux)、日本時間1月22日23:24現在のベストスリーは、アラン・ムーア、エルマン、マニュ・ラルスネとなっています。果たして実際の投票ではどうなるのか、気になります。

●40周年記念動画
 「SPÉCIAL 40E : JE ME SOUVIENS DE... (ここに作家名が入る)」というタイトルで、40回を記念して、過去のグランプリ受賞作家へのオマージュの短編動画が作られ、upされています。制作:Benoît Peeters(ブノワ・ペータース、先日来日なさいましたよね)、音楽:Bruno Letortです。漫画の原画をじっくり映し、音楽が緊張感を高めます。インクのベタむらやホワイトをかけた痕跡も、じっくり見せます。現在、動画が増えている最中ですが、公式サイトがyoutubeに設けたLa WEB TV du Festivalに、全部上がっています。(1月30日追記…公式サイトの、「40ANS DE GRANDS PRIX」というイラストをクリックすると、まとめページが出ます。左バナーに作家一覧が。まだまだ未収録作家がありますが、最新情報は、Toute l'actualite(ニュース一覧)のページにて。)

 他にもまだまだ見どころは沢山あると思うのですが、まずはこの辺で…。


(最終更新日:1月30日)

|

« 続・「週刊少年ジャンプ」とアメリカン・コミック | トップページ | 映画『はちみつ色のユン』を観てきました »

フランス(及び仏語圏)-04」カテゴリの記事