« 2012年2月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年3月

2012年3月12日 (月)

「CARTOON」のサイトから、ヨーロッパのアニメ映画情報を

 twitterで、スペインアニメ映画「Arrugas(皺、パコ・ロカの漫画のアニメ化、→当ブログ2011年12月 5日付け記事で取り上げました)」のプロデューサー、Manuel Cristóbal(マヌエル・クリストバル、@manuxcristobal)氏をフォローしていたところ、先日フランスはリヨンで開かれた「Cartoon Movie」という見本市で「Producer of the Year」を受賞したとのこと。おめでとうございます!(→YouTubeのインタビュー映像)そして、このイベントの公式サイトを見るとヨーロッパのアニメ映画の世界が見えてくるので、ご報告する次第です。(そして、東京アニメフェアにいらっしゃるの?誰か是非、日本で上映して欲しいです。)


▼CARTOON - European Association of Animation Film : Home page.
cartoon_home.jpg
 「CARTOON」というのは、ヨーロッパのアニメ産業をサポートする非営利団体で、4つの部門に分かれていて、今回取り上げる「Cartoon Movie」は、そのひとつ。単なる見本市やお祭りではなく、長編映画のプロデューサーが、自身のプロジェクトを進めるにあたって、資金調達を早める目的や、国境を越えたパートナーや国際的な配給会社や販売代理店を見つけるための機会を得る場となっているそうです。

 そして、2012年の選考作品が「Selected projects in 2012」に一覧があります。「Completed films」「Films in production」「Projects in development」「Projects in concept」の4つの区分けがあり、この一覧が結構、面白いのです。サムネイル画像にマウスポインタをあてると大きな画像がポップアップ表示されますし、制作会社のリンクをクリックすると、更に詳しい情報も。そこで、気になった作品をピックアップしてご紹介します。


▼ZARAFA-LEFILM.COM
zarafa_film.jpg
 この作品の監督である、Rémi Bezançon(レミ・ブザンソン)とJean-Christophe Lie(ジャン=クリストフ・リー)が「Directors of the Year」を受賞したとのこと。ovninavi.comに日本語による紹介が。1826年、エジプトからシャルル10世への贈り物としてフランスに渡ったキリンの数奇な運命からインスピレーションを受け、10歳の黒人少年と孤児キリンの友情物語に仕立げたのが本作、とのことです。

▼Le tableau - Le film
le_tableau_film.jpg
  画家が多少なりとも「描き終えた」カンバスに描かれた未完成の絵には、3種類の人物が暮らしている。Toupin達は自分が優位に立つべく反乱を起こす。彼らの創造主のみが調和を取り戻せると確信して、RamoとLolaとPlumeは捜し物を見つけるために、絵の世界から脱出することに成功する(…合ってる?)。何か塗りが雑だなと思ったのは、そういう訳なのですね。色遣いが綺麗で良い雰囲気をしています。

▼Le Magasin des suicides
le_magasin_des_suicides_film.jpg
 英題「The Suicide Shop」。2012年9月26日公開で、監督がパトリス・ルコント。…って、昔は漫画を描いていたのですね(→日本語wikipedia)。原作の小説は『ようこそ、自殺用品専門店へ』という題で邦訳も出ているとのこと(参考:業務日誌)。


 その他に気になったプロジェクトは「UNE VIE DE CHAT」の監督による「INSAISISSABLE (英題:PHANTOM BOY)や、エンキ・ビラルによる「Animal’Z(→制作会社の紹介ページ)」や、アルチュール・ド・パンスによる「Zombillenium」などなど。


 また、過去の出展作品で面白そうなものを発見。

▼GAZATO FILMS PRODUCTIONS
11_pilote_film.jpg

 「11」というタイトルで、画像はパイロット動画より(→こちら)。第一次大戦を描く、11の物語。停戦の日である1918年11月11日11時にちなんでいるそうです。グラフィック担当の中には日本で「夜の蝶」というアニメーション作品集のDVDが出ているラウル・セルヴェや、邦訳が出ているBD『イビクス』のパスカル・ラバテや、昔モーニングに作品が載っていた(と、早稲田大学の2009年度の講演で伺った)エドモン・ボードワンの名前が(※追記有り)。いつ公開なのか分かりませんが、完成が楽しみです。

 果たしてこれらの映画、日本で上映してくれるでしょうか。フランス映画祭あたりで是非是非。


(※3月16日追記)
 twitterで教えていただきました。@kunitatitamami氏邦訳海外コミックリストの中の方)によりますと、ボードァン著『旅 (デラックスコミックス)』という単行本が出ているとのことでした。有り難うございました!そして失礼しました…。

(最終更新日:3月16日)

|

2012年3月 7日 (水)

日本のサイトで海外コミック情報を

 近年、海外コミックの邦訳が進むにつれ、ネットでは日本語情報も増えてきました。その中から、継続して情報提供して下さるサイトを、いくつかご紹介します。

▼1000planches :: バンド・デシネ(フランス語圏のマンガ)の情報を日本語で!
site_1000planches.jpg
 mixi発、BD (ベーデー)研究会が運営するサイト。初期にはBDのアルバム(単行本)や関連書籍のレビューもありましたが、最近はイベントや邦訳コミック情報に力を入れています。イベント情報は、私も重宝しています。また、twitterを使って「この海外マンガすごい」や「アングレーム国際漫画祭2012 最優秀作品賞予想大会」といったイベントを行っていて、海外コミック邦訳ブームを盛り上げてくれています。

▼euromanga.jp
site_euromanga.jpg
 ヨーロッパのマンガの邦訳やコラムが充実している漫画誌『euromanga(ユーロマンガ)』の公式サイト。既刊紹介はもちろんのこと、ニュース記事が充実しています。当ブログが以前はよく取り上げていた(そして挫折した)「ACBD(l'Association des Critiques et Journalistes de Bande Dessinée)」の年間レポートもばっちり紹介してくれます。現在『euromanga』の刊行がストップしているのは残念ですが、単行本「ユーロマンガ・コレクション」を刊行中。かつて邦訳の続編が出なかった『MONSTER モンスター[完全版]』や、日本初邦訳『ムチャチョ ある少年の革命』と、優れたチョイスと言えましょう。

▼BDfile
site_bdfile.jpg
 海外コミックの邦訳を積極的に行っているShoProBooksの情報サイト。既刊紹介はもちろんのこと、情報提供も充実。最近の記事でとりわけ目をひいたのは、なんといってもアングレーム国際漫画祭の現地レポート。【アングレーム国際漫画祭特集②】現地レポート/会場案内編によると、当ブログ2011年12月10日付け記事で気になっていた、ラムちゃんが描かれたポスターは実際に使われていた模様(→画像)。えー、でもアングレーム国際漫画祭公式サイトにはこのポスターの画像は一切使われなかったし、持ち帰られたパンフレット(→画像)は、公式サイトにpdfがupされたもの(→こちら)とデザインが違う…!まさか黒歴史化?

▼メディア芸術カレントコンテンツ
site_mediag.jpg
 「マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアアートなど、メディア芸術に関する情報をピックアップして掲載するWEBサイト」とのことで、文化庁が監修しているそうです。マンガ情報に海外発のものが充実していて、ライターの野田謙介氏はBDや関連書籍の翻訳の他、当ブログ2007年8月3日付け記事で取り上げた雑誌「Pen」の特集「世界のコミック大研究。」を担当された方ですね(後日の追記が出来なくて申し訳ありません。大事にするあまり、奥の方にしまい込んでしまって…)。現地のサイトがちんぷんかんぷんな身には、とてもためになります。

▼[最新ガイド] 2012 世界中のアニメ/マンガ/コスプレ コンベンション大特集! | をちこちMagazine
site_wochikochi_animefes.jpg
 こちらのサイトで取り上げられているのは、日本のマンガやアニメがいかに海外で人気であるかの紹介なので、当ブログの趣旨とは違うのですが、あまりに世界をまたにかけているので取り上げる次第です。「をちこちMagazine」というのは、以前雑誌が出ていて、今はweb展開している「国際文化交流に関する情報を発信するウェブサイト」。せっかくこれだけ海外コミックが邦訳され、作家が来日したりしているのだから、現地のコミック文化もどんどん取り上げていただければと思います。


 他にも、個人で情報発信をしているブログやサイトは沢山あるかと思います。好きな作家やタイトルで検索すれば、新たな出会いがあるかもしれません。

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年12月 »