« アングレーム国際漫画祭のポスターにラムちゃん? | トップページ | 更新遅延のお知らせと新年の抱負 »

2011年12月14日 (水)

「石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行」展覧会図録

 この間の日曜日に近くを通りがかったので、府中美術館まで足を伸ばしてみました。石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行という展覧会が始まったばかりなので、どんなものか気になっていたのです。石子順造といえば、私にとっては、呉智英の文章によって「「すべからく」と「すべて」は意味が違う」と並んで「石子順と石子順造は別人」というのが脳裏に刻み込まれたので名前は知っていたのですが、どんな人かはあまり知らずにいました。マンガ評論は少し読んだことがありましたが、美術評論の方は全然知りませんでした。展覧会の方は後日トークショーのある日に行こうと思っていたのでその日は入らず、受付前のミュージアムショップで図録をチェック。なかなか面白そうだったので購入しました。

ishiko_junzou_zuroku.jpg
 縦26.7センチ×横18.2センチ×厚さ3センチで全300ページ。圧倒的なボリュームです。twitterで話題になっているのを見かけたのですが(@lacopen氏のツイート)、これで2千円はお買い得かも知れません。何より目を引くのが、つげ義春「ねじ式」の生原稿を採録したページ。切り貼りやホワイトや書き込みが再現されているのも興味深く、大画面なので迫力があります。これまで文庫本で読んでいたのと印象が変わりました。また、展示物の紹介だと思うのですが、図版と解説(石子順造の文章から抜粋)の構成がすっきりと見やすいです。石子の文章の他には、学芸員による解説、関係者の座談会、著書紹介、年譜等が載っていて盛りだくさんです。これからじっくり読みます。


 ところで、府中美術館がある府中の森公園の向かいには有名な廃墟があります。米軍府中基地の跡地です。道をはさんで窓ガラスの割れた建物が、周辺をぐるりと回ると巨大なパラボラアンテナが2基並んでいるのが金網越しに見えます。興味のある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ただ、ぐるりと回るには道が入り組んでいる上に敷地が広大だから所要時間がかかるのと、今の季節は日が暮れるのが早いのでご注意を。また、周辺は住宅地なのでご配慮を。
fuchu_base_us_1.jpg
fuchu_base_us_2.jpg


 そして、東府中駅に向かう途中には航空自衛隊基地があり、屋外に戦闘機が2機展示してあるのが金網ごしに見えます。
fuchu_base_jasdf_1.jpg
fuchu_base_jasdf_2.jpg
 この一体はかつての陸軍燃料廠で、後に米軍が管理、まだ返還されていない部分が残っているのだそうです。(参考:東京都の米軍基地対策内の都内の米軍基地航空自衛隊府中基地内の府中基地沿革)ただ、廃墟のあたりは返還されていて、国立医薬品食品衛生研究所を移転・建設しようとしたのが凍結されているそうです。(参考:衛生研問題を考える会

(最終更新日:12月18日)

|

« アングレーム国際漫画祭のポスターにラムちゃん? | トップページ | 更新遅延のお知らせと新年の抱負 »

日本-02」カテゴリの記事