« Blake et Mortimer : Les 3 formules du professur satō (dessin animé) | トップページ | 「Arrugas(皺(しわ))」映画公式サイト »

2011年11月22日 (火)

『1001 Comics You Must Read Before You Die』特設ミニサイト

 アメコミくえすと・ブログ11月4日付け記事で紹介されていた『1001 Comics You Must Read Before You Die』という本。世界中から選んだ「死ぬ前に読んでおきたいコミック1001作品」とのことで、どんな作品がチョイスされているか知りたいものだなぁ、でもこの本買うには高いし英語の文章読むのしんどいし、リストだけでも分かれば……などと図々しいことを思っていたところ、編集者であるところのPaul Gravett(ポール・グラヴェット、イギリスの方)氏のウェブサイト(→こちら)に特設ミニサイトが設けられているではありませんか!

▼Paul Gravett | 1001 Comics
paul_gravett_1001_comics.jpg


 作品リストは、レビュワー別・作品別・作家別(出身国別)・年代別・国別・ジャンル別と、実に細やかに区分けしたものが用意されていて便利です。しかも、書影を追加したり(Updates欄)、コメントを募る(Have Your Say欄)という、細やかな気配りも!

 コメント欄には、何でこの作品を載せる/載せない、作品の国籍(単純に初出の国という訳でも無いのですね…)の他、掲載されたことのお礼(『オールド・ボーイ』の作画をされた嶺岸信明氏のお嬢さんの書き込み)がありました。もしかしたら、掲載作品の作者に通知しているのでしょうか?『ぼのぼの』と作者いがらしみきお氏の総合サイト、ぼのねっと11月15日付け記事にも、この本のことが紹介されていました。


 国別のリストを眺めていると、実に多くの国々から集められているので驚きます。英語に翻訳されているものばかりではないでしょうに、集めるのも読むのも、そして、しまっておくのも大変かと思います。ところどころ、当ブログで紹介されている作品もあって、ちょっと嬉しくなりましたし、見知らぬ名作を探すときの参考になりそうです。邦訳されている作品も多く、もしかしたら今後邦訳される作品も出てくるかも?また、リストをよくよく眺めていると、コメント欄の書き込みをした方々と同様「何であの作品が取り上げられていないのか」「何でこの作品が取り上げられるのか」と思うものもあり、とりわけ日本のマンガに関しては色々な意見が出てくると思います。個人的な感想としては、Paco Rocaが取り上げられていないのが残念。また、東南アジアの作品が少ないのが印象に残りました。


 ……と、こうして私は本も買わずにネット上に挙げられたリストを堪能していたのですが、ふと画面右下に目をやると、見覚えのある画像が。以前買った『The Mammoth Book Of BEST CRIME COMICS』というハードボイルドコミックのアンソロジー集(→こちら)を編集されたのは、この方だったのですね。今頃気がつきました。このアンソロジー集は、後日あらためて取り上げたいと思います。


(最終更新日:12月05日)

|

« Blake et Mortimer : Les 3 formules du professur satō (dessin animé) | トップページ | 「Arrugas(皺(しわ))」映画公式サイト »

イギリス」カテゴリの記事