« メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランスのWEBサイトより | トップページ | 「Spirou et Fantasio」次のメインシリーズは… »

2010年6月14日 (月)

国際フランス漫画館のWEBサイトより

 前回のエントリで、「メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス」のWEBサイト内の「フランス漫画の聖地アングレーム-「国際漫画フェスティバル」に沸く町-」というコーナーについてご紹介しましたが、そのページのサイドバーに国際フランス漫画館のURLが載っていたので、早速クリックしてみました。



▼Portail de la Cité internationale de la bande dessinée et de l'image

citebd.jpg

 館内情報や催し物情報など盛りだくさんの情報量。恥ずかしながら、フランス語の洪水に頭がクラクラしちゃうのですが、貴重なコーナーを見つけました。

 「collection(コレクション)」コーナーの中に「collections numérisées(デジタルコレクション)」というコーナーがあるのですが、その中に、古典の名作であり初めて本格的にフキダシを用いたBD作品「Zig et Puce(ジグとピュス)」のアルバムが閲覧出来るのです!

 「collections numérisées」のページから「Alain Saint-Ogan」の名前をクリック

   ↓

 「Fonds Alain Saint-Ogan」のページから「Accés au logiciel consultation」をクリック

   ↓

 「Biographie de Saint-Ogan」のページから「Feuilleter les albums(アルバムを開く)」をクリックするとアルバムが、「Feuilleter les cahiers manuscrits(自筆ノートを開く)」をクリッックすると創作ノートが読めます。ただ、回線速度が遅いと表示に時間がかかります。また、それぞれのページに断り書きや解説が表示されているのですが、すみません、今のところちゃんと読めていません。なのでご利用の際には各自でご注意下さいますよう、よろしくお願いいたします。ともあれ、まだ著作権も切れていないと思うのですが(作者のAlain Saint-Ogan(アラン・サン=トガン)は1974年没)、太っ腹なサービスです。二人の少年と一羽のペンギンのやんちゃな冒険がいつでも見られると思うと、とっても嬉しいです。




 ところで「Zig et Puce」については当ブログで過去にこちらこちらこちらで取り上げてきましたが、そのあらすじ紹介の部分が、河出書房新社発行の書籍『ペンギンのABC(ペンギン基金・著)』の「Z」の欄で活用されたとのことです(→ペンギン基金販売物サンプルページ)。『ペンギンのABC』とは、ペンギンにまつわる雑学や図版をアルファベット順に展開した、楽しい本。細かい雑学の数々に作者の皆様のペンギンさんへの愛を感じ、きれいな図版にうっとりします。なお、売り上げの一部はペンギン保護活動にも充てられているとのことです。私のブログ記事が、ささやかながら、ペンギンさん達やペンギンさんを愛する人々のお役に立てたなら、こんな素敵なことはありません。

|

« メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランスのWEBサイトより | トップページ | 「Spirou et Fantasio」次のメインシリーズは… »

日本」カテゴリの記事

フランス(及び仏語圏)-03」カテゴリの記事