« 近日中に再開します | トップページ | フランス語でペンギンを何と言うか(後編)? »

2008年10月30日 (木)

フランス語でペンギンを何と言うか(前編)?

pinguin_manchot.jpg

 前回のエントリの続きです。ペンギンさんのことをフランス語で言う場合、「manchot(マンショ)」と言ったり「pingouin(パングワン)」と言ったりして混乱した、という話でしたね。結論から言うと、日本で言うところのペンギンさんを指す場合、正しくは「manchot」と言います。「pingouin」というのは、正しくはオオハシウミガラスを指すのであり、日本語や英語のノリで、ペンギンさんのことをパングワンと言ったら、それは間違いです。その証拠に、4月19日付けエントリで紹介した「M6 Kid」の中の「VIDÉO」コーナーの中の「LES HÉROS」コーナーの中に、お父さんが子供に注意されているアニメがありました。日本人にとっては馴染みのない単語ですが、パングワンよりはマンショの方が発音しやすいのが良いですね。


 「pingouin」と「manchot」について、どのような鳥を指すのか、何故そのような呼び名なのかについて調べてみました。……で、色々と調べてみたのですが、結局、フランス語版wikipediaの要約になりました。出来ればもっと奥行きのある調査をしたかったのですが、ネット上だと同じ文章をあちこちで使い回ししているし、私の語学力は心許ないし……と、いじけたり投げ出したりしていたために、今の今まで更新出来ずにいて済みませんでした。


 では、気を取り直して、以下、箇条書きにまとめました。


▼pingouin(→フランス語版wikipédia)


  • ウミスズメ科(Alcidae、現在の分類ではウミスズメ亜科Alcinae)に属す。

  • 現存する種は、「オオハシウミガラス(Petit Pingouin)」と呼ばれる。

  • オオハシウミガラスは、北半球は、北極からブルターニュにまで見られる。manchotと違って、空を飛ぶ海鳥である。

  • かつて、manchotによく似て空を飛べない「オオウミガラス(Grand Pingouin)」という種が存在したが、1840年代に絶滅した。

  • 語源に関しては二つの説があり、一つはMartin Martin等による、ウェールズ語またはブルトン語で“白い頭”を意味する「pen gwyn」説。オオウミガラスの頭は白くなかったが、眼の前方に白いアザがあった。

  • 語源のもう一つの説は、1785年のJohn Lathamによる、ラテン語で“肥満”を意味する「pinguis」説。他のいくつかのソース、この言葉が、フランスに於いては、いくつかのオランダ旅行記で紹介されていると主張する。


▼manchot(→フランス語版wikipédia)


  • ペンギン科(Spheniscidae)に属す。

  • 南半球に生息する海鳥で、空を飛ぶことが出来ない。

  • 命名は、1760年のBrisson(ブリッソン)の『L'ornithologie(鳥類学)』で、その羽根の短さゆえに、この種の鳥たちに、その名を与えた。語源はラテン語の「mancus」で、“estropié(手足が不自由な、障害のある)”という意味。

  • 科学アカデミーの接戦投票(1票差)で、pingouinよりもmanchotの名を選んだ。



 …と、「pingouin」の最後の行は自分でも訳していて分かりづらかったのですが、要は、語源は“白い頭”説よりも“肥満”説の方が有力だと言いたいんじゃないかと思います。『ペンギンは歴史にもクチバシをはさむ』(上田一生・著、岩波書店2006年刊)という本の57頁以降にも、「ペンギン」の語源として、そのような話が出て来ましたし。



 ところで、今回の調査では、ペンギンさんに関する文献をフランス語のネットや日本の書籍であたってみたのですが、その過程で当ブログにとって興味深い話題を見つけましたので、次のエントリでご紹介したいと思います。ちなみに、私が何故ずっと「ペンギンさん」と「さん」付けしているかというと、「manchot」だの「pingouin」だのと言っているうちに頭がこんがらがってくるので、「さん」付けすることで頭の切り替えを行っているのです。「ペンギンさん」とは、日本人における、いわゆる「ペンギン」のイメージの最上位概念だと思って頂けたら幸いです。

|

« 近日中に再開します | トップページ | フランス語でペンギンを何と言うか(後編)? »

フランス(及び仏語圏)-03」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス語でペンギンを何と言うか(前編)?:

« 近日中に再開します | トップページ | フランス語でペンギンを何と言うか(後編)? »