« 雑誌「SPIROU」公式サイトにて | トップページ | 「フランス(及び仏語圏)-02」カテゴリ追加 »

2006年6月27日 (火)

雑誌「SPIROU」と「Petit Spirou」

 前回のエントリで取り上げた、フランス語圏の老舗漫画雑誌「SPIROU」ですが、私、一度だけネット通販で買ってみたことがありました。

 その通販サイトは「Pressedefrance.com」といい、様々な雑誌の新刊を扱っています。真ん中のメニューを「Culture & Arts」→「BD」とたどっていくと、BD雑誌のリストが出てきます。また、この通販サイトは、BD情報サイト「Actua BD」の一番下のリンク「Commande Magazines」からアフィリエイトのリンクが貼ってあるようです。この時の送料は、本誌2,3ユーロ(155グラム)につき5.2ユーロで計7.5ユーロでした。

spirouhebdo3537.jpg
 これは今年の1月末に発売された第3537号。「Actua BD」の1月24日付け記事によると、この号からリニューアルし、30万部発行されたとのことです。ページと値段がちょっとだけ増えたんですが、記事の下の方のコメント欄を見ていると、あまり評判は良くなかったような…その後どうなったか、気になります。内容はといえば、1ページ~7ページの短い漫画が、新作・再録あわせてギッシリ詰まった感じでした。その大半がユーモラスな作品でした。

 表紙のキャラクターは「Petit Spirou(ちびスピルー)」といい、Spirouの息子子供時代が主人公のギャグ漫画。作者は「Spirou et Fantasio」シリーズの先代の作家、Tome(シナリオ)&Janry(画)のコンビです。 この表紙の写真、女の人のお腹にペイントしていて、Tome・Janry両氏の作業風景が載っていました。ちびスピルーはいたずら盛りで少々色気づいた年頃の男の子なんですが、作者もまた然り、ということなのでしょうか。うーん…
spirouhebdo3537_2.jpg

 「Petit Spirou」の公式サイトは以下の通り。
Le Petit Spirou
 この中に「La naissance du Petit Spirou!(ちびスピルーの誕生!)」という漫画が載っているのですが、なんと出産の場面を描いています。父スピルーの誕生(→こちら)のファンタジーっぽいのとはえらい違いで、時代の変遷を感じさせました。

(最終更新日:2009年9月4日)

|

« 雑誌「SPIROU」公式サイトにて | トップページ | 「フランス(及び仏語圏)-02」カテゴリ追加 »

フランス(及び仏語圏)-02」カテゴリの記事

ベルギー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121253/10707264

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「SPIROU」と「Petit Spirou」:

« 雑誌「SPIROU」公式サイトにて | トップページ | 「フランス(及び仏語圏)-02」カテゴリ追加 »