ベルギー-02

2013年7月 6日 (土)

スピルー・スマーフ? スマーフの絵本?

smurf_1_new_and_old
 リンゴ3個分の身長、青い肌をした森の妖精スマーフは、ベルギーの漫画家Peyo(ペヨ)による、バンド・デシネのキャラクター。日本では現在、アルバム(あちらで言う単行本)の邦訳が小峰書店より刊行中ですが、過去には、セーラー出版から全15巻にまとめたものが2回、刊行されました。小峰書店版は、翻訳者は同じ村松定史ですが、セーラー出版版よりも判型が小さく、また、収録話もところどころ異なっています。新訳があるのかどうか気になるところです。


 さて、過去に出されたセーラー出版版ですが、近所の図書館に旧バージョンが閉架に所蔵されていたので、借りてみました。すると、最後の第15巻『ベビースマーフ』の最後のページに、こんなイラストが。
smurf_15_spirou.jpg
 なぜスマーフがスピルーの格好を?そして「スマーフの小さな絵本シリーズ」とは?


 スマーフはフランス語圏では「Schtroumpfs(シュトロンフ)」と言います。pは発音しないっぽいですね。初登場は「Johan et Pirlouit(ジョアンとピルルイ)」シリーズの中の「La Flûte à six schtroumpfs(6スマーフのフルート※)」で、掲載が1958年『Spirou(スピルー)』誌の1047号~1086号(→仏語版Wikipediaより)。翌59年『Spirou』誌1107号の付録に『Les Schtroumpfs noirs(黒いスマーフ)』のミニブックが付いたそうです(bedetheque.comより)。これを描き直してアルバムとして63年に出版したのが、現在『スマーフ危機一髪』として邦訳が出ている、第1巻なのですね(→仏語版DUPUIS社の紹介ページ邦訳版小峰書店の紹介ページ)。第1巻の原書が出てから、今年でちょうど50年!


smurf_ehon_soratobu_smurf.jpg
 そして「スマーフの小さな絵本シリーズ」の中から、1987年刊の『そらとぶスマーフ』が図書館に置いてあったので借りてみました。奥付に「この物語はスマーフ物語第5巻『スマーフシンフォニー』に収録の「空とぶスマーフ」をもとに編集しました。」と書いてあり、日本だけで作られた絵本のようです。流通も日本だけかな?

 比較すると、こんな感じ。元のアルバムから、上手く再構成されています。
smurf_ehon_soratobu_smurf_page

smurf_5_smurf_symphony_soratobu


 セーラー出版から最初の邦訳が刊行された時、作者のペヨはまだ存命していました。折り返しに写真付きのメッセージが掲載されていてます。笑顔が素敵。
smurf_15_peyo

 スマーフの皆さんは、その小さい体で27年かけて、日本まで来てくれたのですね。あれから28年、彼らは今どこに?日本にとどまっているのか、ベルギーに帰国したのか、それとも世界のあちこちを旅して回っているのでしょうか。現在、ベルギー観光局のマスコットキャラクターを務めているそうです。(パンフレットのpdfファイルがダウンロードできます。→こちら


※…訳題を最初「6人のスマーフのフルート」と書いたのですが、ツィッターで翻訳家の大西愛子さんより情報を頂き(→こちら、有り難うございます!)、修正しました。このアルバムを読んだら、また修正するかもしれません。果たして、ここで言うschtroumpfとは…? 《8月30日追記》そして訳題を「6スマーフのフルート」に変更。感想はいずれ書きます。

|

2013年2月 8日 (金)

映画『はちみつ色のユン』を観てきました

▼はちみつ色のユン(日本版公式サイト)
hachimitsu_iro_no_jung.jpg

▼Couleur de peau: Miel | Un film de Jung et Laurent Boileau(フランス・ベルギー版公式サイト)
couleur_de_peau_miel_le_film.jpg

▼『はちみつ色のユン』予告編(YouTubeより)
hachimitsu_iro_no_jung_trailer.jpg


●原作紹介ページ(出版社Quadrants社による)
●原作紹介ページ(bedetheque.comによる)

監督:ローラン・ボアロー, ユン
2012年、フランス、ベルギー、韓国、スイス、75分


 ベルギーのバンドデシネ(漫画)を原作に、アニメと実写を交えた映画。原作者であり監督の1人であるユンが、人生の足跡をたどっていきます。見に行ったのは先週のことなのですが、内容が少々重たいので、感想を書く筆も重くなってしまいました。あらすじの紹介は記憶違いがあるかも知れませんし、ネタバレもあると思うので、どうか読む際はご留意下さい。


 ユンは、韓国からベルギーに養子に貰われた男性。韓国では朝鮮戦争後に孤児が増えたため、アメリカ人女性の発案による国際養子縁組が行われていたとのことです。ユンは5歳の頃、1人で道を歩いていたのを警官に保護されて養護施設に入れられ、後に健康テストに合格して、ベルギーの家族に貰われていきました。行った先は既に4人の実子がいるのですが、当時はアジアから孤児を養子に貰うのが流行りだったのだそうです。新車を買う感覚だったとのことですが、今の感覚ではピンと来ない価値観ですね。後に更にもう1人、1歳の女の子を引き取ります。正直、子供が多すぎなのではと思ってしまいます。

 子供を6人も育てるくらいだから、養子先の家族は裕福そうで、子供達は皆のびのびと育っているように見えます。お母さんは怒り出すと止まらないそうですが、兄弟分け隔てなく接するようにしているし、理想的な家庭のように見えます(それに引き換えうちは…)。ユンが大きくなって悪さをしたり色気づいたりするのも、よくある話に見えます。実際、お母さんから怒られた時「おまえは腐ったリンゴだ」と言われるくだり、日本人の多くは(ある程度の年齢以上かな)、TVドラマ「3年B組金八先生」に出て来た「腐ったミカン」というフレーズを思い起こしたでしょう。

 それでも、ユンの精神状態は不安定で、その描写には痛ましいものを感じました。親が分からないということで、アイデンティティに心許ないものがあるのかも知れません。また、ヨーロッパではアジア人はマイノリティの人種ですし、映画ではサラッと描かれていますが、差別的な目にさらされる事も度々あったのでしょう。大きくなるにつれて日本の文化にカブれていく描写がユーモラスで面白かったのですが、今の日本だと、嫌韓厨が感じ悪い事を言いそうで、また、そんな予感をしてしまう私自身に嫌悪感を感じたりもしました(何でそんな連中に気を使わなきゃいかんのか)。同じアジアの人ということで親しみもあったでしょうし、昔のベルギーのバンドデシネには沢山の日本人キャラクターが登場していたから、お国柄自体が日本文化への関心が高かったという側面もあったのではと推察します。「タンタン」のミツヒラトはもとより、「ヨーコ・ツノ」とか、フォルニエ版「スピルー&ファンタジオ」のイトー・カタという手品師とか、E.P.ジャコブス「ブレイク&モ-ティマー」のサトー教授とか、「タカ・タカタ」という日本兵とか、私がネットで見かけたのはこのくらいですが、他にもいるかも知れません。

 ユンは40歳過ぎて自分のルーツを調べ、韓国を訪問します。自分自身を見つめ、それを自己のものとして認めるまでに、それだけ多くの時間を要したということなのでしょう。後に養子に貰われて来た女の子を始め、韓国人養子の多くに悲劇が起こっているのだそうです。たとえ手厚い養育をしても、養子にとっては、それだけでは解決できない心の問題があるのだと知らされます。私自身の身の回りにはそのような境遇の人はいませんが、不幸にして実の親の分からない子供は世界中にいるでしょうし、そういう子供達の心の問題が少しでも理解され、癒される方向になっていけば良いなと、つくづく思いました。


(最終更新日:2月15日)

|