日本-02

2013年8月30日 (金)

「チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち」展

 先週の土曜日、八王子市夢美術館へ「チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち」展を観に行きました。入り口の撮影コーナーでは、巨大チェブちゃんがお出迎え。
chebu_hachiouji_2013.jpg


 果たしてこれは、以前原宿キディランドに訪れたのと同じものだろうか…?と、背中にファスナー等ないか探したのですが、見つけられず。頭と胴体が分かれていて、胴体の中に入って頭部をかぶる方式なのかも知れませんが、そばの貼り紙に「チェブラーシカに さわるときは やさしくね。」と書いてあったので、そこまでは追求しませんでした。下の写真は、キディランド前で撮影会を終えた後、控え室に帰っていくチェブちゃん。何だか視界が悪そう。係のお兄さんが支えないと、ばったり倒れてしまうかも知れません。
chebu_harajuku_2012.jpg


 展示物はイラストや人形の他、上映コーナーが充実してました。チェブラーシカの他に、現代ロシアのアニメーションの紹介もいくつか。作風が一風変わっていて物珍しかったです。印象に残っているのは、髪に刺繍糸、衣装に布やレースを貼った紙人形を動かした『ふたりのお姫さま』や、色とりどりのボタンを人物に見立てた『開くドアに注意!』、展示されているセル画が一枚絵で、これを動かすために描くのは大変そうな『クリスマス物語』等々、どの作品も作りが凝っていました。でも、向こうの国では「まどマギみたいな日本のアニメの方が良い」と言う人がいるかもしれないなと思ったりもしました。ただ、いずれにせよ、表現の世界は豊かな方が、楽しくて良いですよね。


 チェブラーシカのキャラクターデザインは、本場である旧ソ連や現ロシアでは、日本でおなじみのものとは異なるものも絵本には描かれていて、とても同じものには見えませんでした。現行デザインであっても、あまり可愛くないものもあり、かえって“味わい”が感じられました。可愛く洗練されると共に“味”が失われていくのは残念がるべきなのかどうなのか。そして、今頃になって『劇場版 チェブラーシカ(2010年)』を観ていない事に気が付きました。Eテレでソ連時代のを観たっきりでした。


 また、ソ連時代の方にユーリ・ノルシュテインが制作に参加していた事も初めて知りました。『劇場版 チェブラーシカ』にハリネズミの人形が出演しているという事で、その人形やノルシュテインのイラストも展示してました。でも、図録には『霧の中のハリネズミ』のイラストで一番凝ったものが載っていないのが残念です。


 図録は、チェブラーシカについてのみならず、その他のアニメーション作家やその作品の解説も充実してました。また、ロシアの作家、アナスタシア・アーヒポヴァー氏による「チェブラーシカとロシアの挿絵画家たち」と題する文章の中で、旧ソ連時代下で児童書が生き延びた背景を語るくだりに、心に染みるものがありました。そのような児童文学や児童文化が現代のロシア・アニメーションにも息づいているのでしょうか。この図録を参考に、今後も色々な作品を観てみたいと思いました。

|

2013年7月 6日 (土)

スピルー・スマーフ? スマーフの絵本?

smurf_1_new_and_old
 リンゴ3個分の身長、青い肌をした森の妖精スマーフは、ベルギーの漫画家Peyo(ペヨ)による、バンド・デシネのキャラクター。日本では現在、アルバム(あちらで言う単行本)の邦訳が小峰書店より刊行中ですが、過去には、セーラー出版から全15巻にまとめたものが2回、刊行されました。小峰書店版は、翻訳者は同じ村松定史ですが、セーラー出版版よりも判型が小さく、また、収録話もところどころ異なっています。新訳があるのかどうか気になるところです。


 さて、過去に出されたセーラー出版版ですが、近所の図書館に旧バージョンが閉架に所蔵されていたので、借りてみました。すると、最後の第15巻『ベビースマーフ』の最後のページに、こんなイラストが。
smurf_15_spirou.jpg
 なぜスマーフがスピルーの格好を?そして「スマーフの小さな絵本シリーズ」とは?


 スマーフはフランス語圏では「Schtroumpfs(シュトロンフ)」と言います。pは発音しないっぽいですね。初登場は「Johan et Pirlouit(ジョアンとピルルイ)」シリーズの中の「La Flûte à six schtroumpfs(6スマーフのフルート※)」で、掲載が1958年『Spirou(スピルー)』誌の1047号~1086号(→仏語版Wikipediaより)。翌59年『Spirou』誌1107号の付録に『Les Schtroumpfs noirs(黒いスマーフ)』のミニブックが付いたそうです(bedetheque.comより)。これを描き直してアルバムとして63年に出版したのが、現在『スマーフ危機一髪』として邦訳が出ている、第1巻なのですね(→仏語版DUPUIS社の紹介ページ邦訳版小峰書店の紹介ページ)。第1巻の原書が出てから、今年でちょうど50年!


smurf_ehon_soratobu_smurf.jpg
 そして「スマーフの小さな絵本シリーズ」の中から、1987年刊の『そらとぶスマーフ』が図書館に置いてあったので借りてみました。奥付に「この物語はスマーフ物語第5巻『スマーフシンフォニー』に収録の「空とぶスマーフ」をもとに編集しました。」と書いてあり、日本だけで作られた絵本のようです。流通も日本だけかな?

 比較すると、こんな感じ。元のアルバムから、上手く再構成されています。
smurf_ehon_soratobu_smurf_page

smurf_5_smurf_symphony_soratobu


 セーラー出版から最初の邦訳が刊行された時、作者のペヨはまだ存命していました。折り返しに写真付きのメッセージが掲載されていてます。笑顔が素敵。
smurf_15_peyo

 スマーフの皆さんは、その小さい体で27年かけて、日本まで来てくれたのですね。あれから28年、彼らは今どこに?日本にとどまっているのか、ベルギーに帰国したのか、それとも世界のあちこちを旅して回っているのでしょうか。現在、ベルギー観光局のマスコットキャラクターを務めているそうです。(パンフレットのpdfファイルがダウンロードできます。→こちら


※…訳題を最初「6人のスマーフのフルート」と書いたのですが、ツィッターで翻訳家の大西愛子さんより情報を頂き(→こちら、有り難うございます!)、修正しました。このアルバムを読んだら、また修正するかもしれません。果たして、ここで言うschtroumpfとは…? 《8月30日追記》そして訳題を「6スマーフのフルート」に変更。感想はいずれ書きます。

|

2013年2月 8日 (金)

映画『はちみつ色のユン』を観てきました

▼はちみつ色のユン(日本版公式サイト)
hachimitsu_iro_no_jung.jpg

▼Couleur de peau: Miel | Un film de Jung et Laurent Boileau(フランス・ベルギー版公式サイト)
couleur_de_peau_miel_le_film.jpg

▼『はちみつ色のユン』予告編(YouTubeより)
hachimitsu_iro_no_jung_trailer.jpg


●原作紹介ページ(出版社Quadrants社による)
●原作紹介ページ(bedetheque.comによる)

監督:ローラン・ボアロー, ユン
2012年、フランス、ベルギー、韓国、スイス、75分


 ベルギーのバンドデシネ(漫画)を原作に、アニメと実写を交えた映画。原作者であり監督の1人であるユンが、人生の足跡をたどっていきます。見に行ったのは先週のことなのですが、内容が少々重たいので、感想を書く筆も重くなってしまいました。あらすじの紹介は記憶違いがあるかも知れませんし、ネタバレもあると思うので、どうか読む際はご留意下さい。


 ユンは、韓国からベルギーに養子に貰われた男性。韓国では朝鮮戦争後に孤児が増えたため、アメリカ人女性の発案による国際養子縁組が行われていたとのことです。ユンは5歳の頃、1人で道を歩いていたのを警官に保護されて養護施設に入れられ、後に健康テストに合格して、ベルギーの家族に貰われていきました。行った先は既に4人の実子がいるのですが、当時はアジアから孤児を養子に貰うのが流行りだったのだそうです。新車を買う感覚だったとのことですが、今の感覚ではピンと来ない価値観ですね。後に更にもう1人、1歳の女の子を引き取ります。正直、子供が多すぎなのではと思ってしまいます。

 子供を6人も育てるくらいだから、養子先の家族は裕福そうで、子供達は皆のびのびと育っているように見えます。お母さんは怒り出すと止まらないそうですが、兄弟分け隔てなく接するようにしているし、理想的な家庭のように見えます(それに引き換えうちは…)。ユンが大きくなって悪さをしたり色気づいたりするのも、よくある話に見えます。実際、お母さんから怒られた時「おまえは腐ったリンゴだ」と言われるくだり、日本人の多くは(ある程度の年齢以上かな)、TVドラマ「3年B組金八先生」に出て来た「腐ったミカン」というフレーズを思い起こしたでしょう。

 それでも、ユンの精神状態は不安定で、その描写には痛ましいものを感じました。親が分からないということで、アイデンティティに心許ないものがあるのかも知れません。また、ヨーロッパではアジア人はマイノリティの人種ですし、映画ではサラッと描かれていますが、差別的な目にさらされる事も度々あったのでしょう。大きくなるにつれて日本の文化にカブれていく描写がユーモラスで面白かったのですが、今の日本だと、嫌韓厨が感じ悪い事を言いそうで、また、そんな予感をしてしまう私自身に嫌悪感を感じたりもしました(何でそんな連中に気を使わなきゃいかんのか)。同じアジアの人ということで親しみもあったでしょうし、昔のベルギーのバンドデシネには沢山の日本人キャラクターが登場していたから、お国柄自体が日本文化への関心が高かったという側面もあったのではと推察します。「タンタン」のミツヒラトはもとより、「ヨーコ・ツノ」とか、フォルニエ版「スピルー&ファンタジオ」のイトー・カタという手品師とか、E.P.ジャコブス「ブレイク&モ-ティマー」のサトー教授とか、「タカ・タカタ」という日本兵とか、私がネットで見かけたのはこのくらいですが、他にもいるかも知れません。

 ユンは40歳過ぎて自分のルーツを調べ、韓国を訪問します。自分自身を見つめ、それを自己のものとして認めるまでに、それだけ多くの時間を要したということなのでしょう。後に養子に貰われて来た女の子を始め、韓国人養子の多くに悲劇が起こっているのだそうです。たとえ手厚い養育をしても、養子にとっては、それだけでは解決できない心の問題があるのだと知らされます。私自身の身の回りにはそのような境遇の人はいませんが、不幸にして実の親の分からない子供は世界中にいるでしょうし、そういう子供達の心の問題が少しでも理解され、癒される方向になっていけば良いなと、つくづく思いました。


(最終更新日:2月15日)

|

2012年3月 7日 (水)

日本のサイトで海外コミック情報を

 近年、海外コミックの邦訳が進むにつれ、ネットでは日本語情報も増えてきました。その中から、継続して情報提供して下さるサイトを、いくつかご紹介します。

▼1000planches :: バンド・デシネ(フランス語圏のマンガ)の情報を日本語で!
site_1000planches.jpg
 mixi発、BD (ベーデー)研究会が運営するサイト。初期にはBDのアルバム(単行本)や関連書籍のレビューもありましたが、最近はイベントや邦訳コミック情報に力を入れています。イベント情報は、私も重宝しています。また、twitterを使って「この海外マンガすごい」や「アングレーム国際漫画祭2012 最優秀作品賞予想大会」といったイベントを行っていて、海外コミック邦訳ブームを盛り上げてくれています。

▼euromanga.jp
site_euromanga.jpg
 ヨーロッパのマンガの邦訳やコラムが充実している漫画誌『euromanga(ユーロマンガ)』の公式サイト。既刊紹介はもちろんのこと、ニュース記事が充実しています。当ブログが以前はよく取り上げていた(そして挫折した)「ACBD(l'Association des Critiques et Journalistes de Bande Dessinée)」の年間レポートもばっちり紹介してくれます。現在『euromanga』の刊行がストップしているのは残念ですが、単行本「ユーロマンガ・コレクション」を刊行中。かつて邦訳の続編が出なかった『MONSTER モンスター[完全版]』や、日本初邦訳『ムチャチョ ある少年の革命』と、優れたチョイスと言えましょう。

▼BDfile
site_bdfile.jpg
 海外コミックの邦訳を積極的に行っているShoProBooksの情報サイト。既刊紹介はもちろんのこと、情報提供も充実。最近の記事でとりわけ目をひいたのは、なんといってもアングレーム国際漫画祭の現地レポート。【アングレーム国際漫画祭特集②】現地レポート/会場案内編によると、当ブログ2011年12月10日付け記事で気になっていた、ラムちゃんが描かれたポスターは実際に使われていた模様(→画像)。えー、でもアングレーム国際漫画祭公式サイトにはこのポスターの画像は一切使われなかったし、持ち帰られたパンフレット(→画像)は、公式サイトにpdfがupされたもの(→こちら)とデザインが違う…!まさか黒歴史化?

▼メディア芸術カレントコンテンツ
site_mediag.jpg
 「マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアアートなど、メディア芸術に関する情報をピックアップして掲載するWEBサイト」とのことで、文化庁が監修しているそうです。マンガ情報に海外発のものが充実していて、ライターの野田謙介氏はBDや関連書籍の翻訳の他、当ブログ2007年8月3日付け記事で取り上げた雑誌「Pen」の特集「世界のコミック大研究。」を担当された方ですね(後日の追記が出来なくて申し訳ありません。大事にするあまり、奥の方にしまい込んでしまって…)。現地のサイトがちんぷんかんぷんな身には、とてもためになります。

▼[最新ガイド] 2012 世界中のアニメ/マンガ/コスプレ コンベンション大特集! | をちこちMagazine
site_wochikochi_animefes.jpg
 こちらのサイトで取り上げられているのは、日本のマンガやアニメがいかに海外で人気であるかの紹介なので、当ブログの趣旨とは違うのですが、あまりに世界をまたにかけているので取り上げる次第です。「をちこちMagazine」というのは、以前雑誌が出ていて、今はweb展開している「国際文化交流に関する情報を発信するウェブサイト」。せっかくこれだけ海外コミックが邦訳され、作家が来日したりしているのだから、現地のコミック文化もどんどん取り上げていただければと思います。


 他にも、個人で情報発信をしているブログやサイトは沢山あるかと思います。好きな作家やタイトルで検索すれば、新たな出会いがあるかもしれません。

|

2011年12月14日 (水)

「石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行」展覧会図録

 この間の日曜日に近くを通りがかったので、府中美術館まで足を伸ばしてみました。石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行という展覧会が始まったばかりなので、どんなものか気になっていたのです。石子順造といえば、私にとっては、呉智英の文章によって「「すべからく」と「すべて」は意味が違う」と並んで「石子順と石子順造は別人」というのが脳裏に刻み込まれたので名前は知っていたのですが、どんな人かはあまり知らずにいました。マンガ評論は少し読んだことがありましたが、美術評論の方は全然知りませんでした。展覧会の方は後日トークショーのある日に行こうと思っていたのでその日は入らず、受付前のミュージアムショップで図録をチェック。なかなか面白そうだったので購入しました。

ishiko_junzou_zuroku.jpg
 縦26.7センチ×横18.2センチ×厚さ3センチで全300ページ。圧倒的なボリュームです。twitterで話題になっているのを見かけたのですが(@lacopen氏のツイート)、これで2千円はお買い得かも知れません。何より目を引くのが、つげ義春「ねじ式」の生原稿を採録したページ。切り貼りやホワイトや書き込みが再現されているのも興味深く、大画面なので迫力があります。これまで文庫本で読んでいたのと印象が変わりました。また、展示物の紹介だと思うのですが、図版と解説(石子順造の文章から抜粋)の構成がすっきりと見やすいです。石子の文章の他には、学芸員による解説、関係者の座談会、著書紹介、年譜等が載っていて盛りだくさんです。これからじっくり読みます。


 ところで、府中美術館がある府中の森公園の向かいには有名な廃墟があります。米軍府中基地の跡地です。道をはさんで窓ガラスの割れた建物が、周辺をぐるりと回ると巨大なパラボラアンテナが2基並んでいるのが金網越しに見えます。興味のある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ただ、ぐるりと回るには道が入り組んでいる上に敷地が広大だから所要時間がかかるのと、今の季節は日が暮れるのが早いのでご注意を。また、周辺は住宅地なのでご配慮を。
fuchu_base_us_1.jpg
fuchu_base_us_2.jpg


 そして、東府中駅に向かう途中には航空自衛隊基地があり、屋外に戦闘機が2機展示してあるのが金網ごしに見えます。
fuchu_base_jasdf_1.jpg
fuchu_base_jasdf_2.jpg
 この一体はかつての陸軍燃料廠で、後に米軍が管理、まだ返還されていない部分が残っているのだそうです。(参考:東京都の米軍基地対策内の都内の米軍基地航空自衛隊府中基地内の府中基地沿革)ただ、廃墟のあたりは返還されていて、国立医薬品食品衛生研究所を移転・建設しようとしたのが凍結されているそうです。(参考:衛生研問題を考える会

(最終更新日:12月18日)

|

2011年12月 5日 (月)

「Arrugas(皺(しわ))」映画公式サイト

▼Arrugas
arrugas_la_pelicula.jpg

 当ブログ2009年10月17日付け記事で取り上げ、その後邦訳も出版された『Arrugas(邦題:皺(しわ))』がアニメ映画化。原作・共同脚本・デザイン:Paco Roca(パコ・ロカ)、監督・共同脚本:Ignacio Ferreras(イグナシオ・フェレラス)、音楽:Nani García(ナニ・ガルシア)。2012年公開。YouTubeにupされた予告編(→こちら)のコメント欄によると、今年9月のサン・セバスチャン国際映画祭で上映されたとのことなので(映画祭公式サイトの作品情報は→こちら、英語版は→こちら)、もう作品は完成しているのですね。


 イグナシオ・フェレラス監督はアルゼンチン出身。国際的に活躍されている方で、日本にもご縁があります。「東京2008年オンリーピック(→こちら。オリンピックではありません、念為)」の「早打ち携帯 1000文字級」というアニメ作品の監督をしています(→こちら)。ご本人とおぼしきブログ(→こちら)にも、日本のスケッチが。
▼東京オンリーピック公式競技/Ignacio Ferreras「早打ちケータイ1000文字級」(ダイジェスト版)
el_segmento_1000c_SMS_Finals.jpg


 また、短編作品「How to Cope with Death(死神と老婆)」をYouTubeで発見。
▼How to Cope With Death
how_to_cope_with_death.jpg
 これマジ面白い!「早打ちケータイ1000文字級」のダイジェスト版も思わず笑いが出てきましたが、こちらは更に、見ていて生きる気力がわいてきました。原作者のPaco Rocaと監督のIgnacio Ferreras、ともに老人を描いてきましたが、その融合でどんな作品が生まれるのか楽しみです。日本で劇場公開してくれたら良いと思いますが、せめてラテンビート映画祭かセルバンテス文化センターあたりで上映してくれないものでしょうか。



《2013年5月21日 ざくざくっと追記》
 その後、2012年2月、原作漫画『皺』が[第15回]文化庁メディア芸術祭マンガ部門〈優秀賞〉受賞、パコ・ロカ氏来日、セルバンテス文化センターにてアニメ映画『Arrugas』英語字幕版上映&小野耕世氏とトーク、国立新美術館にて開催された文化庁メディア芸術祭受賞作品展で原作のパネル展示&アニメ映画を日本語字幕でTVモニターに上映。2012年12月アニメ映画『皺(しわ)』第39回「日本賞」グランプリ日本賞受賞、Eテレで深夜日本語字幕で放映(英語字幕を消して日本語字幕を上書きしてたっぽい。メ芸会場では確かに日本語字幕が脇に縦書きで表示されてた記憶があるのですが、そっちは使えなかったのでしょうか)。そして、2013年6月22日(土)、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーの提供により、アニメ映画『しわ(原題:Arrugas)』劇場公開予定!!公式サイトはこちら。監督のお名前は「イグナシオ・フェレーラス」と長音表記に。先日の日曜日に新宿バルト9に行ったらチラシが置いてありました。裏面には、高畑勲氏の長めのコメントが載っています。前売り券も発売中だそうですが、特典は無しと、前売り情報一覧の看板に書いてありました。後は、監督が来日&舞台挨拶するのか気になります。是非実現を!あと、この先DVDやブルーレイが出るとして、スペイン語の字幕も付くかどうかも。

|